ビジネスチャンスを掴む|案件管理と CRM のシステム

優良客を増やす

レディー

優良客をどんどん増やしていくには、CRMを確立することが先決です。ここで役立つのが顧客管理のシステムであり、正確な情報を把握することで効果的な販促活動を行なうことが可能です。

More Detail

秘書みたいに使える

OL

電話の取り次ぎだけではなく、受注対応やアポ取りも行なってくれる電話代行は便利です。特にバーチャルオフィスやレンタルオフィスで運営している法人は、安定的な応対品質でオフィスの窓口として活用できます。

More Detail

取引先の整理整頓

名刺を持つ男性

名刺管理システムは、取引先と交換した名刺を整理整頓するのに役立つシステムです。どこでビジネスチャンスに繋がるか分からないからこそ、徹底した管理・情報共有することが大きな実を結びます。

More Detail

進捗確認に最適

メンズ

案件状況を把握する

企業内で大きなプロジェクトを進める上では、失敗するリスクをどんどん潰して安全かつ確実に遂行することが求められます。ですから、案件管理を徹底して進捗状況や対応状況などを随時確認することは必須です。案件管理が必要とされるのは、複数にまたがる取引先や顧客に関する業務のこと把握することが求められるからでしょう。取引先や顧客ごとで依頼を受けている内容は違いますが、どれも似たり寄ったりになると混同してします。この混同が大きなミスに繋がってしまうところになるので、案件ごとの整理整頓と進捗確認を徹底することが求められるのです。

システムがいい

最近の案件管理は、ほぼシステムを使われることが多いです。アナログベースになると、案件ごとの情報を共有するのに時間がかかりますし、セキュリティの観点も心配されます。しかし、システムを使えば同じフォーマットで案件の状況を閲覧することができますし、情報共有も簡単になります。また、システム上のセキュリティも特定ユーザーのみの権限設定やセキュリティページの設定によって安全性が高まります。ですから、プロジェクトを同時進行で進めていく上で、理想的な管理状況を作ることができるでしょう。システムによっては、営業管理システムやワークフローと連動させることも可能。これで、企業の主幹事業において全体像を把握することもできるので便利に使いこなすことができるでしょう。導入する際は、業種や目的に沿って使いやすいものを選ぶと、業務効率化が進みます。